一分銀の古銭買取情報について

一分銀とは、江戸時代末期に生まれた金銭の単位であり、天保8年(1837年)に初めて製造されてから、明治2年(1869年)までの間に、天保・庄内・安政・明治の合計4種類が鋳造されました。
形状は長方形であり、表面には「一分銀」の文字が、裏面には「定 銀座 常是」の文字が刻印されています。文字通り銀色の見た目をしており、最後の明治年間には元年・二年の約2年間しか鋳造されていません。
古銭買取に出す際、この4つの種類の見分けがついていた方が何かと便利。それぞれの年代ごとの種類の見分け方に関してですが、天保一分銀と明治一分銀の重さは8.66gと全く同じ目方であるため、見分けづらくなっています。その際の見分け方としては、「天保」に関しては上下に桜の印が2つ、左右に桜の印が3つありますが、「明治」には全てありません。また、「天保」の側面は滑らかな造りとなっていますが、「明治」に関しては粗いヤスリ目がかけられているのも特徴です。また、「庄内」は表面の中央やや右寄りに小さく「庄」の文字が刻印されているため、見分けやすくなっています。
また、安政一分銀は非常に種類がたくさんあり、表面と裏面の縁にある逆桜の位置でその種類が決まるという、マニアならではの鑑識眼が必要となります。一分銀の買取価格に関して、冒頭でも述べましたが表面には「一分銀」、そして裏面には「定 銀座 常是」と刻印されています。
そして、裏面の銀座の文字の「座」の柱部分が長いものが「長柱座」と呼ばれる種類となります。ちなみに長丁座は、天保一分銀にしか見ることができません。
次に、表面の「分」の字の一画目の止め部分にハネが見られる、「跳分」という種類もあります。
こちらの2種類は特に価値があり、普通品の一分銀に比べて高い価格で取り引きされます。
また「逆打ち」などのエラー品・誤植品もあり、そちらもプレミア価値がつくため高い価格で取り引きされます。
価格相場としては、通常の天保一分銀が1500円前後で、跳分は6000円前後であるものの、「長柱座」であれば8万円にまで買取価格が高騰します。さらに、「長柱座・跳分」と2つ重なれば、10万円前後もの高額がつくこともあります。
ちなみに発行年ごとでも買取相場の価格差が生じており、特に明治初年に発行された「明治」に最も高い値段がついています。普通品であったとしても2万円前後がつくため、もし重複して「明治」が集まった場合、古銭買取店に買い取ってもらうと良いでしょう。

こちらでも詳しく語られているので、ぜひ参考にどうぞ。
一分銀について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です