タグ別アーカイブ: 貨幣

貨幣の価値と古銭買取りについて

日本の貨幣には硬貨および紙幣の2つの種類が在ります。
現在利用しているお金と言うのは、1円硬貨を初めとして、5円、10円、50円、100円、500円の6種類の硬貨と、1000円札を初めとして、2000円、5000円、1万円の4種類の紙幣の2つが利用されています。
従来は、100円札や500円札と言った紙幣が在りましたが、これらのお札は発行が廃止となっているため流通は行われていません。
また、お店で貨幣を使う場合には現行品と呼ばれているお金を使わないとトラブルが起きてしまう事も在ります。
例えば、千円札に描かれているのは野口英世になるわけですが、一昔前の1000円札は夏目漱石や伊藤博文と言った人物の肖像画であり、伊藤博文以前の1000円札には聖徳太子と言った具合に、時代毎に発行されている1000円札は異なる事、そして現在流通されているお札とは異なるため、お店での利用が出来ないケース、自動販売機では使えないと言った事になります。
銀行に持って行くことで野口英世が描かれている1000円札と両替をして貰う事も出来ますが、古銭買取りのお店に持って行った場合、1000円を上回る金額で買取りをして貰える事も在ります。
プレミアが付いているものなどは、古銭買取りでは額面以上の金額で取引が行われることが在るのです。
貨幣の一つに記念硬貨が在ります。
何らかの記念を祝して発行されたもので、100円や1000円、5000円と言った額面の価値を持つのが特徴です。
また、貨幣と言う事からもそれぞれの額面の買い物が出来るのも特徴になりますが、自動販売機などでは古い時代に発行された記念硬貨が利用出来なかったり、お店で買い物際に支払する場合に使えなかったりと、額面の価値を持つ記念硬貨もお金としての利用価値が無いものもあります。
このような記念硬貨は銀行に持って行くことで同じ額面の硬貨や紙幣と両替をして貰う事が出来ます。
また、汚れていたり、傷がついていたり、破れているお札など、現行の硬貨や紙幣は勿論の事、昭和以降に発行されたお金で、通貨単位が円になっているものについても銀行での両替は可能です。
但し、現行ではない古銭と呼ばれている貨幣と言うのは古銭買取りのお店に持って行くと額面よりも高い金額で買取りをして貰えることも在るため、銀行で両替をするよりも買取りをして貰った方がメリットを持ちます。
尚、古銭買取りのお店では鑑定士によりお金の査定が行われるのが特徴であり、鑑定士は幅広い知識を持つ人に査定を依頼する事で高価買取りになるなど、詳細はこちら!参考にされるのがお勧めです。